鑿窓啓牖【さくそうけいゆう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
鑿窓啓牖

【読み方】
さくそうけいゆう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
さまざまな考え方に学んで、見識を広めること。

【語源・由来】
「鑿」はうがつ、穴をあける。「啓」はひらくという意味。「牖」は窓のこと。窓を開けて外光をたくさん取り入れるという意味から。


鑿窓啓牖(さくそうけいゆう)の使い方

健太
僕は将来、最強の空手家になるから、空手だけを毎日やっていたいんだ。
ともこ
鑿窓啓牖したほうが、精神的に成長することができるわよ。精神的に成長したら、一つの技を極めるにも結果が全く異なってくると思うわ。
健太
そうかなあ。
ともこ
そうよ。だから学校の勉強をおろそかにしないほうが良いわ。もちろん空手の練習は大事だけどね。

鑿窓啓牖(さくそうけいゆう)の例文

  1. 好き嫌いしないで鑿窓啓牖しないと、大人になって夢を見つけた時に困りますよ。
  2. 文系も理系も根底のところではつながっているから、鑿窓啓牖するべきです。
  3. 自分と同じ考えの人と一緒にいると居心地がいいですが、鑿窓啓牖すると視野が広がると同時に人生の幅が広がりますよ。
  4. 不得意なことから逃げないで、鑿窓啓牖すると、得意なことをさらに得意に、苦手なことは好きにできるかもしれません。
  5. いろんな国の人と話し、鑿窓啓牖するために英語を学んでいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事