驕奢淫逸【きょうしゃいんいつ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
驕奢淫逸

「驕奢淫佚」とも書く。

【読み方】
きょうしゃいんいつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
思うままにぜいたくをし、人の道にはずれたみだらな行いをすること。また、そのさま。主に酒色についていうことば。

「驕奢」は、おごって思うままにぜいたくをすること。「淫逸」は、みだらな行いをすること。

【類義語】
・奢侈淫佚(しゃしいんいつ)


驕奢淫逸(きょうしゃいんいつ)の使い方

健太
この町の議員さんが、驕奢淫逸の果てに、全財産を女性に貢いでしまったんだって。
ともこ
あらまあ。議員さんは自業自得だけど、家族がかわいそうね。
健太
そうなんだよ。でもしっかりした奥さんで、自分が代わりに立候補するらしいよ。
ともこ
それは応援してあげたくなるわね。

驕奢淫逸(きょうしゃいんいつ)の例文

  1. 健太くんは驕奢淫逸にふけり、身を滅ぼしました。
  2. 彼は驕奢淫逸の果てにこの町から逃げていきました。
  3. 驕奢淫逸におぼれている彼に、今のうちに目を覚ましてもらわないと大変なことになる。
  4. 驕奢淫逸で有名だったあの俳優は、親から受け継いだ数億の遺産を数年で使い果たしたそうです。
  5. 驕奢淫逸にふけっている息子を跡取りとは認められないと当主が言ったそうです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事