三界流転【さんがいるてん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
三界流転

【読み方】
さんがいるてん

「三界」を「さんかい」、「流転」を「りゅうてん」と読み誤らない。
日本漢字能力検定
2級

【意味】
いのちのあるものはすべて、前世、現世、来世の三世にわたって、生死を繰り返し迷い続けるということ。


三界流転(さんがいるてん)の使い方

ともこ
私たちの魂は三界流転しているんですって。
健太
僕の前世はなんだったのかな?知りたいよね。
ともこ
私はきっとお姫様よ。健太くんはきっとそのお姫様を救いに来て、でもお姫様に振られる王子様ね。
健太
ひどいよ。現世とあまり変わらないじゃないか。

三界流転(さんがいるてん)の例文

  1. 僕の魂は三界流転しているので、来世はもっと格好よく生まれ変わるために、現世での行いをより良いものにしておこうと思う。
  2. 三界流転中の僕は、前世は秋田犬で、現世は人間、来世はきっと猫でしょう。
  3. 私はいつまで三界流転すれば仏様の御許にたどり着くことができるんでしょうか。
  4. 三界流転しているときの、前世の記憶が私に残っていたら、いろんな経験が出来てとても楽しそうだと思いました。
  5. 三界流転してきた私という存在は、いずれかのときにかわいいパンダだったこともあるかもしれません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事