三思九思【さんしきゅうし】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
三思九思

【読み方】
さんしきゅうし

【意味】
何度も繰り返しじっくりと考えること。

「三思」も「九思」も、何度もじっくり考えること。「三」と「九」とを重ねることで、何度も考えるという意を強調したもの。

【類義語】
・審念熟慮(しんねんじゅくりょ)
・千里万考(せんりばんこう)
・沈思黙考(ちんしもっこう)


三思九思(さんしきゅうし)の使い方

健太
ともこちゃん。決心したの?
ともこ
三思九思して、生徒会長に立候補する決心がついたわ。
健太
そんなに考えたの?
ともこ
三思九思しないと、決心がつかなかったのよ。

三思九思(さんしきゅうし)の例文

  1. 時間はたっぷりあるので、三思九思してください。
  2. ともこちゃんは、三思九思し、志望校を決めた。
  3. 三思九思してもよくわからないからといって、健太くんは直感で決める。
  4. 健太くんが三思九思している間に、持ち時間が無くなってしまった。
  5. ともこちゃんがいなくなったと思ったら、トイレで三思九思しているようだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事