一念発心【いちねんほっしん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
一念発心

【読み方】
いちねんほっしん

【意味】
仏教で、深く思いつめて仏門に入ること。

「一念」は、深く思いつめること。「発心」は、仏門に入ること。

【類義語】
・発菩提心(はつぼだいしん)


一念発心(いちねんほっしん)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんは大学に進学するの?
健太
それが、一念発心して出家することにしたんだ。
ともこ
何があったの?
健太
世を儚むようなことがあったんだろうね。

一念発心(いちねんほっしん)の例文

  1. 健太くんは親鸞に憧れて、一念発心して仏門に入った。
  2. 俳優が、一念発心して出家したというニュースを見た。
  3. ともこちゃんは、一念発心して仏門を志す健太くんにエールを送った。
  4. 一念発心して出家した健太くんだが、近所では、一週間で逃げ出してくるのではと言われている。
  5. 説法を聞いてから、一念発心して仏門に入りたいと思った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事