審念熟慮【しんねんじゅくりょ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
審念熟慮

【読み方】
しんねんじゅくりょ

【意味】
自分の思いを明らかにするために、十分に念を入れて考えること。

【語源・由来】
「審念」は、思いを明らかにすること。「熟慮」は、十分に念を入れて考えること。

【典拠・出典】

【類義語】
三思九思(さんしきゅうし)
千思万考(せんしばんこう)
沈思黙考(ちんしもっこう)


審念熟慮(しんねんじゅくりょ)の使い方

健太
ともこちゃん。審念熟して、自分の気持ちがやっとわかったんだ。
ともこ
何がわかったの?
健太
勉強が嫌いだってことがわかったんだ。
ともこ
そんなの審念熟慮しなくてもわかっていたことじゃないの。

審念熟慮(しんねんじゅくりょ)の例文

  1. 健太くんは、二時間ばかり審念熟慮するために外に出た。
  2. 審念熟慮するのに、この道は最適だと考える人が多いようで、哲学の道と呼ばれている。
  3. 健太くんのお父さんは審念熟慮するとき、トイレにこもるので家族は困る。
  4. 健太くんは自分がどうしたいのか、審念熟慮して答えを出した。
  5. 審念熟慮した結果、会社に辞表を出すことにした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索