山容水態【さんようすいたい】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
山容水態

【読み方】
さんようすいたい

日本漢字能力検定
5級

【意味】
山の形と水のようす。山水の美しさを表す。

【類義語】
・三光水色(さんこうすいしょく)
・山容水色(さんようすいしょく)


山容水態(さんようすいたい)の使い方

健太
別荘を建てたんだけど、父さんが別荘に遊びに行ってから帰ってこなくなったんだ。
ともこ
山の生活を気に入ってしまったの?
健太
日々変わる山容水態に心を奪われてしまったんだよね。季節感がない都会の生活なんてもう嫌だって言っているんだ。
ともこ
わかるわ。でも家族のために帰ってきてほしいわね。

山容水態(さんようすいたい)の例文

  1. この窓から見える山容水態は、365日、一日として同じ日はありません。
  2. 人の手が入っていない山容水態は、言葉にできない美しさでした。
  3. 電車から見えた山容水態は、まるで車窓という額縁に入った一枚の絵画のようでした。
  4. この山容水態をみて、思わず句を詠んだ俳人、詩人がたくさんいて、今もその作品は語り継がれています。
  5. 世界遺産に登録するためには、山容水態は秀麗明媚で、どこの方角から見ても美しく、不法投棄のゴミなんてもってのほかです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事