正当防衛【せいとうぼうえい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
正当防衛

【読み方】
せいとうぼうえい

【意味】
不当な侵害や暴力行為から、自分または他人の身を守る権利。
自分または他人に不意の理不尽な攻撃があったとき、これを防ぐためにやむを得ず行う加害行為。

「正当防衛による行為」などと表現する。

【語源・由来】
法律的には、他人から不意に暴力行為を受けた場合に、自分または他人を守るため、やむをえず相手を防ぎ破る行為をいう。
やむをえない権利として、責任を問われることはない。

「当」の旧字体は「當」。
「衛」の旧字体は「衞」。

【類義語】
・緊急防衛(きんきゅうぼうえい)
・正当防御(せいとうぼうぎょ)

【対義語】
過剰防衛(かじょうぼうえい)

【英語訳】
・Legitimate defense
・legitimate self-defence

【スポンサーリンク】

正当防衛(せいとうぼうえい)の使い方

健太
ミサイル撃て~~!
ともこ
わっ! ビックリした! 何なの?
健太
あ、ごめんごめん。ゲームしてたんだ。相手の軍に侵入されて攻撃を受けたから、正当防衛を発動したんだ。
ともこ
攻撃を受けてからじゃ遅いんじゃない? 受ける前に発動してこその正当防衛よ。

正当防衛(せいとうぼうえい)の例文

  1. 酔っぱらいにからまれた彼女を守るために、その酔っぱらいを殴った。正当防衛なので、まったく後悔していない。
  2. 正当防衛とはいえ、相手が死んでしまったら、攻撃を受けるのと同じくらい深く辛い思いをする。
  3. 彼女にプライドを傷つけられそうな時に、男が彼女を傷つける態度で報復するのは、恋愛における正当防衛とは認められない。
  4. 正当防衛だって? あの事件現場の様子を見れば、過剰防衛だって一目瞭然だよ。やり過ぎだ。
  5. この事件は正当防衛に見えるように巧妙なトリックを仕込んだ、悪質な殺人事件だ。
<遠い声/瀬戸内晴美>より
秋水がついに私たちの計画を「正当防衛」だと認めだしたのは、私が病床からひきたてられ、投獄された頃からだった。

まとめ

自身や自身に関わりのある人が攻撃にさらされそうな時に、防衛手段としておこなうのが正当防衛である。
この定義は難しく、わが国の憲法改正などの案件にも関わっている。
例文にあるように、攻撃を受ける前か受けた後か。
どこまでが正当で、どこからが過剰なのか。
一度、しっかりと考えたいテーマである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事