水村山郭【すいそんさんかく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
水村山郭

【読み方】
すいそんさんかく

日本漢字能力検定
3級

【意味】
水辺の村と山ざと。もと中国の江南地方ののどかな農村を描写したもの。

【語源・由来】
杜牧「江南春-詩」より。江南はクリーク(小運河)が網の目のように通じているので「水村」という。「山郭」は山ぎわの集落。「郭」はもと集落を囲む塁壁という意味で、転じて集落という意味。


水村山郭(すいそんさんかく)の使い方

健太
この画家の絵は、水村山郭ばかりだね。
ともこ
この人は、水村山郭で育ったから、水村山郭を描くことが好きでライフワークにしているんですって。
健太
へえ。だから愛情が感じられるあたたかい絵が多いんだね。
ともこ
そうね。全部素敵よね。水村山郭に住んでみたくなるわよね。

水村山郭(すいそんさんかく)の例文

  1. 都会の生活につかれ、水村山郭の古民家に移住してきました。
  2. 水村山郭で育った私は、せせらぎの音が聞こえないと落ち着かないんです。
  3. ここは水村山郭、村人が全員知り合いのような村なので犯罪が全くありませんよ。
  4. 水村山郭に家を建てて、季節を感じながら、たまには釣りをしながら生活をしたいなあ。
  5. 僕が住む村は水村山郭で、デパートもコンビニもないけれど、雄大な自然と人情があります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事