折檻諫言【せっかんかんげん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
折檻諫言

【読み方】
せっかんかんげん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
臣下が君主を厳しくいさめること。

【語源・由来】
『漢書』「朱雲伝」より。「檻」は手すり・欄干。「折檻」は手すりが折れること。「諫言」は目上の者をいさめる言葉。
前漢の朱雲が成帝に奸臣を斬るように諫めたところ、帝は怒り朱雲をその場から連れ出させようとしたが、朱雲は御殿の欄檻につかまって諫言をやめなかったため欄檻の手すりの木が折れてしまったという故事から。


折檻諫言(せっかんかんげん)の使い方

健太
父さんが勇気を振り絞って折檻諫言したんだ。
ともこ
へえ。かっこいいわね。
健太
でも、上司に折檻されたんだ。
ともこ
それはこわいわね。

折檻諫言(せっかんかんげん)の例文

  1. 私たちが折檻諫言しても、それでも改めないような上司ならば、それまでの人間だったということでしょう。
  2. 忖度ではなく折檻諫言できるような官僚が望ましいです。
  3. 正義を振りかざして折檻諫言したら、島流しにされるのがおちだろう。
  4. 国のため、そこに住む国民のために、誰かが折檻諫言しないと、本当にこの国はダメになってしまいます。
  5. 折檻諫言できる忠臣がいないと、裸の王様が量産されます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事