折花攀柳【せっかはんりゅう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
折花攀柳

【読み方】
せっかはんりゅう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
色街で遊女と遊ぶこと。

【語源・由来】
「折花」は花を手折ること。「攀柳」は柳の枝を引くという意味。昔、色街には柳の木が植えられていたことから、遊里のことを「柳巷花街」といい、そこで遊女と遊ぶという意味に用いる。


折花攀柳(せっかはんりゅう)の使い方

健太
父さんが家族に黙って折花攀柳をやることにはまっていたみたいで、ものすごい額の請求書が届いたんだ。
ともこ
ええっ。どうするの?
健太
あんなの払えないよ。
ともこ
折花攀柳って若旦那や大店のご隠居がすることというイメージがあるし、お金がかかりそうですものね。解決策が見つかると良いわね。

折花攀柳(せっかはんりゅう)の例文

  1. 折花攀柳の遊びから節分の恵方巻は始まったのではないかといわれています。
  2. 今の世の中、接待の場として折花攀柳を選ぶ風流な経営者はいるのだろうか。
  3. 健太くんに一緒に行こうといわれて、折花攀柳で遊ぶことになりました。
  4. 折花攀柳をやるには、健太くんはまだまだ人生の修行が足りないんじゃないでしょうか。
  5. 独身の頃はよく折花攀柳の風流に遊んだものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事