接見応対【せっけんおうたい】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
接見応対

【読み方】
せっけんおうたい

日本漢字能力検定
5級

【意味】
対面して受け答えすること。また、面会しての相手への対応のしかた。


接見応対(せっけんおうたい)の使い方

ともこ
健太くん。文化祭の件で校長先生にアポイントメントはとれたの?急がないと文化祭には間に合わないわよ。
健太
うん。それなんだけど、明日、校長先生が接見応対してくれることになっているんだ。
ともこ
へえ。よかったわね。
健太
うん。あとは僕の巧みな話術で、校長先生から体育館の使用許可をもらうだけだよ。まかせておいて。

接見応対(せっけんおうたい)の例文

  1. 忙しい社長が接見応対してくれるわけがないじゃないか、秘書に頼んで伝えてもらうしかないよ。
  2. 市長が接見応対し、市民からの陳情に直接耳を傾けてくれるなんてすばらしい市長だよね。
  3. とても多忙な身だろうに、私のために時間を取って接見応対してくれた上に、終始とてもにこやかで感じのいい方でしたよ。
  4. 書類ではなく私の口から説明したいので、社長との接見応対を希望します。
  5. 天皇陛下に接見応対をお願いするなんて、なんて恐れ多いことをいう人なのでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事