一人当千【いちにちとうせん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
一人当千

【読み方】
いちにんとうせん

「いちにんとうぜん」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
非常に大きな力、勇気があること。または、そのような人。一人が千人と同等の力を持っている意味から。「一人千人に当たる」とも読む。

【類義語】
・一騎当千(いっきとうせん)


一人当千(いちにんとうせん)の使い方

ともこ
健太くん。あそこで、クラスメイトが不良にからまれているわ。まあ、一人に対して十五人くらいいるじゃないの。なんて卑怯なの。
健太
僕が止めてくるよ。
ともこ
健太くん。大丈夫?・・・健太くんの一にらみで不良が去っていったわ。一人当千ね。
健太
ふう。何とか平和的解決をすることが出来たよ。

一人当千(いちにんとうせん)の例文

  1. ともこちゃんが実行委員長になるなら、一人当千だから、この企画は成功したようなものです。
  2. 健太くんは一人当千の実力があるので、彼がいれば優勝間違いなし。
  3. 健太くんは、一人当千の強者です。
  4. ともこちゃんは、一人当千の能力を持っているので、彼女なら締め切りに間に合わせることが出来るでしょう。
  5. 一人当千の力を持つ健太くんは、この辺りの学校の番長に恐れられています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事