万物逆旅【ばんぶつのげきりょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
万物逆旅

【読み方】
ばんぶつのげきりょ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
天地のこと。

【語源・由来】
李白「春夜宴桃李園序」より。「万物」は宇宙にあるあらゆるもの。「逆旅」は旅館のこと。万物が天地の間に生滅するようすが、旅人が旅館に泊まり、そして去ってゆくのに似ていることからいう。


万物逆旅(ばんぶつのげきりょ)の使い方

健太
天地は万物逆旅、この世はとてもはかないものだよね。
ともこ
そうね。かつて栄華を誇っていた恐竜が滅びたように、人類もいずれは滅びるでしょうね。
健太
長い長い地球の歴史を紐解くと、人間なんて一泊二日で宿泊する旅行客みたいなものなんだよね。
ともこ
そうよ。だから人間は、素敵な宿を提供してくれる地球に感謝し、もっと謙虚に生きるべきだと思うわ。

万物逆旅(ばんぶつのげきりょ)の例文

  1. 天地は万物逆旅、光陰は百代の過客、人間の人生なんてあっという間です。
  2. 短い一生だから、天地は万物逆旅、一瞬でもいいから輝きたいんだ。
  3. 天地は万物逆旅というのだから、老化はしょうがない。
  4. 時は流れ、天地は万物逆旅、変化しないものなどない。
  5. 天地は万物逆旅、後悔のない人生にしたい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事