刹那主義【せつなしゅぎ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
刹那主義

【読み方】
せつなしゅぎ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
人生はその場その場がよければそれでいいという考え。

【語源・由来】
「刹那」は仏教用語で、ごく短い時間、瞬間をいう。その瞬間、瞬間を満足できればよいとする主義をいう。


刹那主義(せつなしゅぎ)の使い方

ともこ
健太くん。勉強をしないで携帯電話ばかり見ていたら、後で後悔することになるわよ。
健太
人間の人生なんて短いんだから、今という瞬間を楽しまないと後悔してしまうよ。
ともこ
刹那主義ねえ。
健太
楽しい瞬間がたくさん積み重なれば、きっと死ぬ瞬間も悔いなく笑っていられるよ。

刹那主義(せつなしゅぎ)の例文

  1. 将来に希望が持てず、刹那主義な若者が増えています。
  2. ともこちゃんは刹那主義なので、これを食べたら太るかどうかなんて考えない、目の前のパフェを心から堪能します。
  3. 刹那主義な健太くんは、今が楽しくなければ未来は楽しくなるはずがない、今をとことん楽しもうと考えています。
  4. 健太くんは刹那主義で無計画なので、いざという時に慌てています。
  5. 刹那主義を主張している健太くんは、将来を見据えて貯金をしようとしません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事