精神統一【せいしんとういつ】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
精神統一

【読み方】
せいしんとういつ

【意味】
心の働きを、ある一つのことに集中すること。
何か目的をもってこれを達成しようとするときに、心をその一点に集中することをいう。

「精神統一をはかる」などと表現する。

【語源・由来】
「精神」の意味は、こころ、気力、意気、気持ち、心構え、知的・理性的な心のはたらき。
「統一」の意味は、一つにまとめてあわせること。

「神」の旧字体は「神」。

【類義語】
・精神一到(せいしんいっとう)
・一心精進(いっしんしょうじん)

【英語訳】
・Mental unification
・Mental concentration

【スポンサーリンク】

精神統一(せいしんとういつ)の使い方

健太
資料を集めて、統計取って、あ~! 予算の見積もりもしなくちゃ! 忙しい、忙しい。
ともこ
健太さん、焦ってるわね。手伝いましょうか?
健太
ともこ君、助かるよ! じゃあ・・・、あれ? 何を手伝ってもらえばいいのだろう? 僕は何をしようとしていたんだっけ?
ともこ
ちょっと、落ち着いて! 忙しくても精神統一よ! 優先すべき事から一つ一つやっていきましょう。

精神統一(せいしんとういつ)の例文

  1. 剣の道の奥義とは、感覚を研ぎ澄まし精神統一して生まれる一撃をいう。
  2. 休日は何をしているかって? 何もしないよ。ぼ~っとしてると、煩わしい事を忘れて精神統一できるんだ。
  3. オリンピックに出場するとなると、周囲の期待が大きくプレッシャーになる。平常心でいられるよう精神統一する事が必要なのだ。
  4. 雑音が多い場所でも、最初に精神統一すると、集中できる。
  5. 瞑想は精神統一する方法の一つである。
  6. 静かな朝の公園をひたすら走る。それが僕の精神統一のやり方さ。
  7. 人は目に見えるもの、聞こえる音に、心を揺さぶられる。それが良い刺激となることもあるが、心の乱れを生む事もある。だからこそ、精神統一して落ち着きのある人は強いのだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事