賞罰之柄【しょうばつのへい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
賞罰之柄

【読み方】
しょうばつのへい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
賞罰を行う権力のこと。

「賞罰」は、賞と罰。賞刑。「柄」は権力。

【語源・由来】
『呂視春秋』「義賞」


賞罰之柄(しょうばつのへい)の使い方

健太
ともこちゃんは生徒会長だから、賞罰之柄をもっているの?
ともこ
そんな力はないわよ。みんなが楽しく学校生活を送ることができるように、先生と生徒の懸け橋になるだけよ。
健太
よかった。僕が校則違反をした時に、ともこちゃんが近所にいるとすぐにばれることが心配だったんだ。
ともこ
ばれると罰せられるようなことをしているの?聞き捨てならないわね。

賞罰之柄(しょうばつのへい)の例文

  1. 彼は賞罰之柄を持っているから、誰も逆らうことができないんです。
  2. 健太くんから賞罰之柄を取りあげない限り、彼の横暴は続き、苦しむ人が増えていくことでしょう。
  3. 平社員から出世して、賞罰之柄を得てから、彼は人が変わったかのように残酷になりました。
  4. 賞罰之柄がある先生は、内申点に影響するからやめておけと言って、生徒を脅します。
  5. 賞罰之柄を持つともこちゃんが店内を巡回すると、店内の空気が変わります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事