天地四時【てんちしいじ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
天地四時

【読み方】
てんちしいじ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
天地と春夏秋冬。

【語源・由来】
「四時」は四季のこと。


天地四時(てんちしいじ)の使い方

健太
地理で世界の気候を習ったんだよ。天地四時というけれども、世界には四季のない国のほうが多いんだよね。
ともこ
そうね。きっとビバルディの「四季」を聴いても、四季を感じたことがなくて、なんだこれ?って思う国の人もいるんでしょうね。
健太
僕は四季がある日本で生まれ育ってよかったと思っているよ。
ともこ
本当にそう思うわよね。

天地四時(てんちしいじ)の例文

  1. 天地四時、一年は四つの季節に分かれ、閏年は四年に一度、四という数字には何か秘密があるんでしょうか。
  2. 春夏秋冬、天地四時というけれども、最近、日本が熱帯化してきて四季がはっきりしなくなってきました。
  3. 天地四時、百年後も異常気象に負けず、桜と紅葉狩りを楽しみたいものです。
  4. 新しい家には庭を作り、天地四時を感じることができるようにするつもりです。
  5. 天地四時というように、天にも地と同様に四季があり、今頃神様たちも天上で花見をしているのかもしれません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事