大桀小桀【たいけつしょうけつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
大桀小桀

【読み方】
たいけつしょうけつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
悪い為政者。残虐な暴君のことをいう。

【語源・由来】
『春秋公羊伝』「宣公一五年」より。「桀」は夏の暴君桀王のこと。

【類義語】
・大貉小貉(たいばくしょうばく)


大桀小桀(たいけつしょうけつ)の使い方

ともこ
健太くんの飼い犬は何ていう名前なの?
健太
ネロっていうんだよ。かわいいでしょう?
ともこ
大桀小桀で有名なローマ帝国第五代皇帝と同じ名前なのね。
健太
ああ。暴君ネロね。あの犬は暴君どころか、おとなしいいい子なんだよ。

大桀小桀(たいけつしょうけつ)の例文

  1. 有名な太宰治の「走れメロス」に町の人たちを苦しめる大桀小桀、邪知暴虐の王様が出てきます。
  2. 今の総理大臣は大桀小桀、はやく政権交代してくれないと日本がダメになってしまいます。
  3. 室町時代の足利義政は大桀小桀で有名で、なんと驚いたことにくじ引きで選ばれた将軍なんだそうです。
  4. 古代中国には、独裁政治を強いる大桀小桀、秦の始皇帝や明の朱元璋などが数多く存在します。
  5. 大桀小桀である彼を政治の世界から退場させ、この国を国民を救いたいのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事