四弘誓願【しぐぜいがん】の意味と使い方や例文(出典)

【四字熟語】
四弘誓願

【読み方】
しぐぜいがん

「しぐうぜいがん」とも読む。

【意味】
すべての仏や菩薩のもつ四つの願い。衆生無辺誓願度、煩悩無量誓願断、法門無尽誓願学、仏道無上誓願成。

【典拠・出典】
止観大意


四弘誓願(しぐぜいがん)の使い方

健太
四弘誓願って何だろう?
ともこ
仏教を信じる者として、まず誓うべき四つの基本的な誓いのことよ。
健太
交通安全の四つの約束みたいなことかな。「止まる」、「見る」、「待つ」、「確かめる」ってやつだよ。
ともこ
交通安全も大事だけど、多くの人が幸せになるように勤め、尽きる事がない煩悩を無くし、お釈迦様の教えをすべて学び、最上の悟りを得ますっていう誓いのことよ。

四弘誓願(しぐぜいがん)の例文

  1. 四弘誓願のあと、自己のためではなく利他のために修行を積みます。
  2. 自分のためではなく他人のために四弘誓願することが、仏教の教えの特徴なのです。
  3. 四弘誓願はとても実現困難な誓いだけれども、誓いを破ることなく努力し続けたいです。
  4. 今日の写経体験会では、四弘誓願を唱えてから筆をとりました。
  5. 四弘誓願し、お題目を三回唱え、今日のお勤めを終えました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索