四鳥別離【しちょうべつり】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
四鳥別離

【読み方】
しちょうべつり

日本漢字能力検定
4級

【意味】
雛(ひな)鳥が巣立つときに親鳥が悲しい声で鳴く様子から、親子の悲しい別れのこと。

【語源・由来】
「孔子家語」顔回より。「四鳥」は四羽の雛鳥のこと。孔子が早朝に悲鳴のような泣き声を聞き、これはなんだろうと弟子の顔回に尋ねると、垣山にいる四羽の雛鳥が巣立とうとしていたときの悲しげな母鳥の声に似ていると答えた。調べてみると、父親が亡くなり、貧しくて子を売ることになった母親の泣き声だったという故事から。


四鳥別離(しちょうべつり)の使い方

ともこ
三月は、都会の大学に行く子供と親の四鳥別離が空港のあちこちで見られるわね。
健太
そうだね。僕たちもいずれは四鳥別離を体験する日が来るんだろうね。
ともこ
健太くん!今の成績で大学に行くつもりなの?どこも入れてくれないわよ。
健太
ひどい。

四鳥別離(しちょうべつり)の例文

  1. 戦争に行く息子を見送る母は、四鳥別離というように本当は泣いて止めたかったそうです。
  2. 四鳥別離というように、そんなに泣かないでよ、隣の県に就職するんだから。
  3. 就職と言うめでたい晴れの日に、四鳥別離というように泣いて見送られるより笑って見送ってほしい。
  4. 突然の事故死で、息子と母は四鳥別離、悲しい別れをしなくてはいけませんでした。
  5. 今生の別れのように、四鳥別離、健太くんとお母さんは抱き合って泣きました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事