宝鈿玉釵【ほうでんぎょくさい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
宝鈿玉釵

【読み方】
ほうでんぎょくさい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
美しいもののたとえ。珠玉や金銀で飾った美しいかんざしやこうがいのこと。

【語源・由来】
斎藤拙堂『月瀬紀勝』より。「鈿」はかんざし、造花のかんざし。「釵」は二股のかんざし。


宝鈿玉釵(ほうでんぎょくさい)の使い方

健太
ともこちゃん。きれいなかんざしを頭につけているね。
ともこ
宝鈿玉釵でしょう?おばあちゃんにもらったのよ。
健太
へえ。それをつけているとどこかのお城のお姫様のようだよ。
ともこ
まあ。お姫様だなんて。お世辞でもうれしいわ。

宝鈿玉釵(ほうでんぎょくさい)の例文

  1. ともこちゃんのシャープペンシルは特注品で、色とりどりの宝石で飾られ宝鈿玉釵でした。
  2. 健太くんのお母さんは宝鈿玉釵に目がないんです。
  3. 怪盗ルパンは宝鈿玉釵が大好きなので、大富豪のともこちゃんの家はよく狙われているようです。
  4. ロシアの皇帝が使っていたというインペリアル・イースター・エッグは宝鈿玉釵で、目を奪われてしまいました。
  5. 宝鈿玉釵は時代を超えても価値は変わらないし、その価値は永遠に理解されていくものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事