荘厳華麗【そうごんかれい】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
荘厳華麗

【読み方】
そうごんかれい

【意味】
おごそかで気高く、きわめて華やかなこと。

【語源・由来】
「荘厳」は、気高くおごそかなこと。「華麗」は、華やかで美しいこと。

【典拠・出典】

【類義語】
華麗奔放(かれいほんぽう)
絢爛華麗(けんらんかれい)
・絢爛豪華(けんらんごうか)
豪華絢爛(ごうかけんらん)
壮大華麗(そうだいかれい)
・美麗荘厳(びれいそうごん)


荘厳華麗(そうごんかれい)の使い方

ともこ
荘厳華麗なお城が地震で崩れてしまったわね。
健太
残念だったけど形あるものはいつかは壊れるんだよ。
ともこ
そうなんだけど、やっぱり残念だわ。
健太
過去の遺産にこだわるよりも荘厳華麗な未来をつくっていけばいいんだよ。

荘厳華麗(そうごんかれい)の例文

  1. この時期は、彼の人生の中で荘厳華麗を極めていたころだろう。
  2. その古城は、荘厳華麗で威風堂堂としたものだった。
  3. そのお寺は荘厳華麗で、贅をつくしたつくりになっています。
  4. ともこちゃんの部屋は、荘厳華麗なお姫様のようなゴージャスな部屋でした。
  5. 迎賓館は中も外も荘厳華麗で、絨毯の価格だけで10億円するという話でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索