天威咫尺【てんいしせき】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
天威咫尺

【読み方】
てんいしせき

【意味】
天子の威光が眼前にあること。天子に近づき恐れ多いこと。

【語源・由来】
「天威」は天帝の威力、天子の威光。「咫」は八寸、「咫尺」は間近な距離のこと。

【典拠・出典】
春秋左氏伝』「僖公九年」

【類義語】
天顔咫尺(てんがんしせき)


天威咫尺(てんいしせき)の使い方

健太
天皇陛下に近づくにはどうすればいいのかな?
ともこ
近づくだなんて天威咫尺、直接見るだけでも恐れ多いことなのよ。
健太
でも、日本の象徴である天皇陛下にお仕えしたいじゃないか。
ともこ
じゃあ、宮内庁に入庁すればいいんじゃないかしら。天威咫尺することができるわよ。

天威咫尺(てんいしせき)の例文

  1. 健太くんは天威咫尺、天子のそばに侍ることができるような家柄です。
  2. 春の園遊会で天威咫尺することができるなんて、大変恐れ多いことです。
  3. 天威咫尺するために一生懸命勉強をして教養やマナーを身に着けました。
  4. 失礼があったら成敗されるので、天威咫尺することは命がけです。
  5. 健太くんは暴漢から天子を守ったあの日から、天威咫尺することを許可されています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索