蒼生万民【そうせいばんみん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
蒼生万民

【読み方】
そうせいばんみん

【意味】
あらゆる人民。

「蒼生」は、人民。あおひとくさ。人の増えるのを草の生い茂るのにたとえて言ったもの。「万民」は、あらゆる人民。

【類義語】
・天下蒼生(てんかそうせい)
・天下万民(てんかばんみん)


蒼生万民(そうせいばんみん)の使い方

健太
もうすぐ選挙があるね。誰に投票するか決めたの?
ともこ
蒼生万民を幸せにできる人がいいんだけど、いないのよー。
健太
どの政治家も自分のお友達の利権しか考えていないよね。
ともこ
そういう世の中を変えてほしいの。

蒼生万民(そうせいばんみん)の例文

  1. 陛下は蒼生万民に寄り添ってくださっている。
  2. 感染症蔓延のため、蒼生万民が悲しみに包まれている。
  3. 蒼生万民の苦しみを思い涙するくらいの総理大臣であってもらいたい。
  4. 一部の国民ではなく、蒼生万民が救われるようにしたい。
  5. 蒼生万民のために戦う決意をした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事