創業守成【そうぎょうしゅせい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
創業守成

【読み方】
そうぎょうしゅせい

【意味】
新しく事業を起こすことよりも、それを維持発展させていくことのほうが、難しいということ。

【語源・由来】
「貞観政要(じょうがんせいよう)君道(くんどう)より出典。

唐の太宗が「創業(王朝を打ち立てること)と、守成(それを維持すること)と、どちらが難しいか」と質問したところ、房玄齢(ぼうげんれい)は、「創業難し」と答え、魏徴(ぎちょう)は「守成難し」と答えたということから由来している。

「創業は難しく、守成は更(さら)に難し」の略。

「創業(そうぎょう)」とは、事業を新しく興すこと。
「守成(しゅせい)」とは、先達の興した事業を受け継いで守っていくこと。

【類義語】
・創業守文(そうぎょうしゅぶん)

【対義語】

【英語訳】
starting an enterprise and [or] carrying it to final success.


創業守成(そうぎょうしゅせい)の使い方

健太
叔父さんが遊びにきたんだけど、お酒を飲んで酔うといつも同じ話ばかりするんだよ。
ともこ
どんな話をするの?
健太
創業守成といって、新しく事業を興すことよりもそれを発展させる方が大変で、自分はそれをしているって話だよ。
ともこ
どちらもいろいろな苦労はあるわよね。

創業守成(そうぎょうしゅせい)の例文

  1. 祖父が興した会社を継いだ父は、いつも創業守成の話ばかりするから聞き飽きてしまった。
  2. 創業守成というけれど、事業を興すことも大変な苦労があると思う。
  3. 会社を継ぐために必要だと、創業守成の心構えを何度も聞かされたけれど、僕は会社は継がずに、他にやりたいことがあるんだ。
  4. 入社してまず聞いたことは、創業守成についてだったと覚えている。

まとめ

創業守成というように、新しく事業を興すよりも、維持発展さることは大変なのではないでしょうか。
しかし、事業を興した時の苦労ももちろんあるでしょう。
どちらの大変さも理解して、努力していくことを心掛けたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事