装模作様【そうもさくよう】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】
装模作様

【読み方】
そうもさくよう

「装、模様を作す」とも読む。

【意味】
気どったり、みえをはったりすること。また、そのようなようすをすること。

【語源・由来】
「装」はうわべを飾る、まねる、似せること、「模」も似せるという意味。「作様」はそのようなようすをするという意味。

【典拠・出典】


装模作様(そうもさくよう)の使い方

ともこ
健太くん。最近気取った格好をしているわよね。
健太
そうなんだ。こうすればモテるかなと思ったんだ。
ともこ
装模作様しても内面を磨かないとすぐに振られてしまうわよ。
健太
えっ。そうなの?付き合った後のことは考えていなかったよ。

装模作様(そうもさくよう)の例文

  1. 健太くんは庶民なのに、お金持ちのように装模作様していてみっともないです。
  2. 彼は何でも知っているように装模作様していますが、口を開けばすぐにぼろが出ると思います。
  3. ともこちゃんはエリートを気取っていますが、それは装模作様、本当は出世コースから外れた一般社員ですよ。
  4. 装模作様していても、信用を無くすだけでいいことはありませんよ。
  5. 健太くんは装模作様して、自分をことさら大きく見せようとするところがあります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索