水平思考【すいへいしこう】の意味と使い方や例文(対義語)

【四字熟語】
水平思考

【読み方】
すいへいしこう

【意味】
ある問題に対し、今まで行われてきた理論や枠にとらわれずに、全く異なった角度から新しいアイデアを生もうとする考え方。英国のデボノが1967年ころ唱えた。

【典拠・出典】

【対義語】
垂直思考(すいちょくしこう)


水平思考(すいへいしこう)の使い方

ともこ
健太くん。水平思考のゲームをしましょうよ。
健太
いいよ。
ともこ
アルファベットの最初の文字は「A」です。「A」の次には「B」がくるけど、アルファベットの1番最後は「Z」ではなく何が来るでしょう。
健太
・・・降参です。

水平思考(すいへいしこう)の例文

  1. 日本人で、水平思考が得意な人と言えば一休さんであろうか。
  2. 水平思考の中で、健太くんは、ランダム発想が得意である。
  3. 横井軍平さんは、水平思考を活用して、ゲームボーイを開発した有名なゲームクリエイターである。
  4. ともこちゃんが好きなマッチ棒パズルは、水平思考を用いないと解けない。
  5. 健太くんが描いた小説は、水平思考で事件を解決する推理小説でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索