水天一碧【すいてんいっぺき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
水天一碧

【読み方】
すいてんいっぺき

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
空と海とがともに青々としてただ一色に連なり、区別がつかないさま。

【語源・由来】
王勃の「滕王閣序」の「秋水長天と共に一色なり」にもとづく。

【類義語】
・水天一色(すいてんいっしょく)
・水天髣髴(すいてんほうふつ)


水天一碧(すいてんいっぺき)の使い方

健太
さすが沖縄の海は青さが違うね。
ともこ
本当ね。水天一碧、海と空の境目がないわ。
健太
これで雲一つない空だったら完璧だったのにね。
ともこ
もうこれで十分よ。とってもきれいだわ。

水天一碧(すいてんいっぺき)の例文

  1. 海は顔に海水がかかるとしょっぱいしべたべたするから好きじゃなかったけれども、この水天一碧をみたら考えが変わりました。
  2. 水天一碧の海に船を浮かべていると、海を航行しているのか空を飛んでいるのかわからなくなります。
  3. 今日は快晴、見渡す景色は水天一碧、なんて最高の釣り日和なんだ。
  4. 台風のあとで、海岸にはゴミがたくさん漂着しているけれども、空と海は水天一碧、とてもきれいです。
  5. 水天一碧を見晴らすことができるように、海のそばの小高い丘に家を建てたんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事