翠色冷光【すいしょくれいこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
翠色冷光

【読み方】
すいしょくれいこう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
冷ややかな青い光の形容。また、月の光の形容。

【語源・由来】
『竜鳳録』より。「翠色」はみどり、青緑色。「冷光」は冷ややかな光。


翠色冷光(すいしょくれいこう)の使い方

健太
今日の月はすごくきれいだね。翠色冷光、とてもきれいに輝いている。
ともこ
今日はスーパームーンなんですって。きれいよね。
健太
いつもの二倍くらいの大きさに見えるよね。
ともこ
二倍ではないけれども、14%増しに大きく、30%増しに明るく見えるそうよ。おかげで月の兎がはっきり見えるわね。

翠色冷光(すいしょくれいこう)の例文

  1. 街路樹に翠色冷光の青いLEDのイルミネーションがつけられ、何だか寒々しい。
  2. 玄関の蛍光灯を翠色冷光のものに変えたら、なんだか病院のロビーみたいに冷ややかな雰囲気になってしまいました。
  3. はやりの翠色冷光より昔の白熱電球のオレンジ色のほうが、あたたか味があって好きです。
  4. 今日は満月なので、街全体が翠色冷光に照らし出され、青白く輝いています。
  5. 翠色冷光の下で降り積もった雪はキラキラと輝き、とても幻想的な雰囲気でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事