寸田尺宅【すんでんしゃくたく】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
寸田尺宅

【読み方】
すんでんしゃくたく

【意味】
ほんのわずかな財産のこと。

【語源・由来】
「寸田」は一寸四方の田のこと。「尺宅」は一尺四方の住居という意味で、どちらもわずかな資産のたとえ。

【典拠・出典】
蘇軾

【類義語】
・寸土尺地(すんどしゃくち)


寸田尺宅(すんでんしゃくたく)の使い方

健太
財産がたくさんある人は、学費の心配をしなくていいし、老後の心配もしなくていいからいいなあ。
ともこ
恵まれた家の子は、代々恵まれ続けるわよね。
健太
僕は寸田尺宅しか残してもらえないから、もっと財産を再分配する仕組みができないかなあ。
ともこ
健太くんが経済学を勉強して、政府に提案すればいいのよ。テストで0点をとっている場合じゃないわよ。

寸田尺宅(すんでんしゃくたく)の例文

  1. 子供には借金ではなく、寸田尺宅であろうとも財産を残してあげたい。
  2. 土地の価値が暴落して、寸田尺宅となりましたが、先祖代々のこの土地で生きていきたいと思っています。
  3. 投資に失敗して全財産は寸田尺宅、この先どうしよう。
  4. 寸田尺宅でも頭金ゼロでもこのマンションをご購入いただけます。
  5. 寸田尺宅の僕には、消費税増税という事実はとてもつらいことです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索