足音跫然【そくおんきょうぜん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
足音跫然

【読み方】
そくおんきょうぜん

「そくいんきょうぜん」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
足音のひびくさま。転じて、得難い来客。また、得難い人物に遭遇するたとえ。

【語源・由来】
『荘子』「徐無鬼」より。「跫然」は人の歩く足音のさま。
人里離れた荒野で迷っているときに人の足音を聞いただけでほっと喜ぶことからいう。


足音跫然(そくおんきょうぜん)の使い方

健太
ともこちゃん。足音跫然だよ。
ともこ
えっ。何のこと。
健太
ともこちゃんにどうしても会いたいって思っていたんだよ。
ともこ
思いが通じたのかしら。よかったわね。

足音跫然(そくおんきょうぜん)の例文

  1. 今日は足音跫然があったからうれしいんだ。
  2. こんな辺境の国で、同郷である日本人に出会えるなんて足音跫然だ。
  3. 山奥にある我が家まで訪ねてくれる人なんてめったにいないから、足音跫然、とてもありがたいです。
  4. わざわざここまで足を運んでくれるとは思わなかったから、足音跫然をとてもうれしく思っています。
  5. ここは人里離れていて、交通の便も悪いし、郵便屋さんしか来ないようなところなのに、足音跫然、しかも二人も訪ねて来てくれるなんて。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事