社燕秋鴻【しゃえんしゅうこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
社燕秋鴻

【読み方】
しゃえんしゅうこう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
出会ったかと思うとまたすぐ別れることのたとえ。

【語源・由来】
蘇軾の詩より。「社燕」は春の社日(立春から五番目の戊の日)に来て、秋の社日(立春から五番目の戊の日)に飛び去る燕。「鴻」は秋に来て春に去る白鳥。


社燕秋鴻(しゃえんしゅうこう)の使い方

ともこ
健太くん。悲しそうな顔をしてどうしたの?
健太
一学期に転校してきてとても気が合った友達が、もうすぐ転校することになったんだ。
ともこ
まだ数か月しかたっていないのにもう転校するの?転校ばかりじゃ社燕秋鴻で友達作りが大変ね。
健太
そうだよね。僕より彼の方が大変なんだ。悲しんでいないで、彼が次の転校先でまた仲の良い友人ができるよう応援するよ。

社燕秋鴻(しゃえんしゅうこう)の例文

  1. 僕とすれ違いのように異動していったので、社燕秋鴻だったからどんな性格かよく知らないのです。
  2. 社燕秋鴻というように、これからという関係だったのに、もう離れ離れになるなんて。
  3. ともこちゃんとは、社燕秋鴻、出会ってすぐに遠く離れてしまったけれども、心は側にいます。
  4. 社燕秋鴻というように、彼とはしばらくしか一緒にいれなかった、もっと時間があれば仲良くなった気がするのに。
  5. 健太くんと過ごした時間は短く、社燕秋鴻といった感じだったけれども、とても濃密な時間でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事