実力伯仲【じつりょくはくちゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
実力伯仲

【読み方】
じつりょくはくちゅう

【意味】
優劣をつけることができないほどに実力の差がないこと。

【語源・由来】
「伯仲」は長男と次男のこと。兄弟の中でも長男と次男は歳が近いことが多く、実力も同じくらいであるということから、どちらもすぐれていて優劣をつけるのが難しいことをいう。

【類義語】
・勢力伯仲(せいりょくはくちゅう)
・伯仲之間(はくちゅうのかん)

【スポンサーリンク】

実力伯仲(じつりょくはくちゅう)の使い方

ともこ
健太くんとあの子はかけっこではどちらが速いの?
健太
実力伯仲だね。いつもわずかな差で勝ったり負けたりしているよ。
ともこ
へえ。じゃあ、リレーの代表はじゃんけんで決めてもらおうかしら。
健太
そんな大事なことをじゃんけんで決めるの?

実力伯仲(じつりょくはくちゅう)の例文

  1. ここまでの学力テストでは、実力伯仲の両者でしたが、今回の試験でともこちゃんは急に失速しました。
  2. 今日の試合は、実力伯仲のいい試合でしたよ。
  3. ともこちゃんと僕の成績を比べると実力伯仲とは言えない。
  4. 実力伯仲、どちらが勝ってもおかしくないでしょう。
  5. 今日のオーディションの参加者は、実力伯仲、みんな美しい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事