衆寡不敵【しゅうかふてき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
衆寡不敵

【読み方】
しゅうかふてき

日本漢字能力検定
2級

【意味】
少数は多数にかなわない。戦争の勝負では人数が多いほうが有利であるということ。

【語源・由来】
『三国志』「魏志・張範伝」より。「衆」は多数、「寡」は少数という意味。「不敵」は敵対できないという意味。


衆寡不敵(しゅうかふてき)の使い方

ともこ
健太くん。サッカーの試合の結果はどうなったの?
健太
負けてしまったんだ。僕のチームの選手が一人、けがで出場することができなかったから、衆寡不敵だよ。11対10じゃ、どうがんばっても勝てないよ。
ともこ
健太くんが二人分がんばればよかったじゃない。
健太
僕に二人ディフェンスが付いたらもう無理だよ。

衆寡不敵(しゅうかふてき)の例文

  1. 相手は大勢で来るだろう、衆寡不敵だから、もっと仲間を集めよう。
  2. このままでは衆寡不敵、多勢に無勢、けが人が出るだけです。
  3. 衆寡不敵、負けは目に見えています。
  4. 相手にわが軍は少数だと思わせ、衆寡不敵と油断させておいて、後ろから別部隊が攻め込む作戦です。
  5. 衆寡不敵というけれども、わが軍には健太くんがいて、彼は百人力だから何とかなるんじゃないか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事