羞花閉月【しゅうかへいげつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
羞花閉月

【読み方】
しゅうかへいげつ

「月をも羞(はず)かしめ花をも閉ざしむ」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
美しい女性のこと。

【語源・由来】
「羞」ははじらうという意味。あまりの美しさに、月も羞じらい花も閉じてしまうという意味。

【類義語】
・羞月閉花(しゅうげつへいか)
・閉月羞花(へいげつしゅうか)
・沈魚落雁(ちんぎょらくがん)


羞花閉月(しゅうかへいげつ)の使い方

健太
羞花閉月というけれども、ともこちゃんが歩くと、道端に咲く花が恥ずかしそうにうつむくよね。
ともこ
私の体から、花によくない電波でも出ているのかしら。
健太
ともこちゃんがそれだけきれいってことだよ。
ともこ
そんなにほめられたら、恥ずかしくて私が前を向いて歩けないわ。

羞花閉月(しゅうかへいげつ)の例文

  1. ともこちゃんは羞花閉月だから、ミスユニバースに選ばれてもおかしくないです。
  2. 羞花閉月であるともこちゃんは、その美しさの噂が遠くにまでとどろき、遠方からスカウトマンが訪ねてきます。
  3. ともこちゃんは羞花閉月で、生まれた時からきれいな顔をしていました。
  4. 羞花閉月である彼女をモデルに使いたいというデザイナーがたくさんいます。
  5. 彼女は賢い上に羞花閉月で、非の打ちどころがありません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事