太牢滋味【たいろうのじみ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
太牢滋味

「大牢滋味」とも書く。

【読み方】
たいろうのじみ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
豪華なご馳走のたとえ。

【語源・由来】
王褒の「聖主得賢臣頌」より。「太牢」は祭りに供える牛・羊・豕(ぶた)の犠牲がそろったもの。「滋味」は栄養のあるおいしい食物。


太牢滋味(たいろうのじみ)の使い方

健太
うわあ。これは滋味だねえ。すごいごちそうだ。
ともこ
おいしそうでしょう?これは牛の幻の部位といわれているシャトーブリアンなのよ。
健太
へえ。よく手に入ったねえ。
ともこ
健太くんの空手の大会優勝のお祝いなのよ。さあ、あたたかいうちに召し上がれ。

太牢滋味(たいろうのじみ)の例文

  1. 健太くんのお母さんは私をとても歓迎してくれて、滋味でもてなしてくれました。
  2. こんな牢滋味、今までの人生で食べたことがありませんよ。
  3. 牢滋味すぎて、緊張のためにせっかくの料理の味がよくわかりませんでした。
  4. 今日の給食は、地元のホテルのシェフ監修の特別メニューで牢滋味でした。
  5. 私にとっては牢滋味だったけれども、ともこちゃんにとっては当たり前の日常の食事だったようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事