縮地補天【しゅくちほてん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
縮地補天

【読み方】
しゅくちほてん

「地を縮め天を補う」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
政治上の改革を行うこと。

【語源・由来】
『旧唐書』「音楽志」より。「地」は実際の政治、「天」は政治理念のたとえ。政治を正して、政治理念の不足を補うということ。


縮地補天(しゅくちほてん)の使い方

健太
自民党一党体制への批判が高まり、縮地補天の政治改革で、小選挙区制を導入したのに、今も自民党一強は変わらないね。
ともこ
こういう時、首相が正しいことばかりしてくれるなら、国民も強い政党に安心していられるんだけどね。
健太
首相が間違えたことをした時に制止できる野党がいないから不安だよね。
ともこ
また新たな縮地補天の政治改革が必要よね。

縮地補天(しゅくちほてん)の例文

  1. 縮地補天の政治改革を行い、政治資金規正法を改正し、政治資金の透明度を高めました。
  2. 彼が陣頭指揮をとって行った縮地補天の政治改革は、成功を収めたといえるでしょう。
  3. リクルート事件をきっかけに、縮地補天の政治改革が求められるようになりました。
  4. 派閥中心の金権政治は、強力なリーダーシップの欠如を生じるため、日本の明るい未来のために、縮地補天の政治改革を行う必要がある。
  5. 縮地補天の政治改革によって民主党が政権をとったが、再び自民党一強時代が到来しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事