蜃楼海市【しんろうかいし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
蜃楼海市

【読み方】
しんろうかいし

日本漢字能力検定
1級

【意味】
現実性に乏しい考えや理論。また、根拠がなくありもしないこと。

【語源・由来】
『駢字類編』「四六引・隋唐遺事」より。「蜃楼」「海市」ともに蜃気楼のことで、大気の密度や日光の反射の関係で、遠方の物体が空中に浮かんで見える現象。

【類義語】
・海市蜃楼(かいししんろう)
・空中楼台(くうちゅうろうだい)
・砂上楼閣(さじょうのろうかく)


蜃楼海市(しんろうかいし)の使い方

ともこ
健太くん。夏休みの自由研究は終わったの?
健太
ああ。あんなの適当にデータを書いて出せばいいでしょう?
ともこ
裏付けのあるしっかりとしったデータがない研究なんて蜃楼海市でしかないわ。やるならちゃんとやるべきよ。
健太
ご、ごめんなさい。

蜃楼海市(しんろうかいし)の例文

  1. 健太くんがお化けを見たって、でも、蜃楼海市、何の根拠もないんだ。
  2. 努力がともなわない将来の夢は蜃楼海市でしかない。
  3. 理想としては最高だけど、これは蜃楼海市、お金がかかりすぎて非現実的だよね。
  4. 蜃楼海市な理想論ばかり語っていないで、もっと現実に即した案を出してくれないか。
  5. 宝くじが当たったら家を建てるって蜃楼海市、建てないって言っているようなものじゃないか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事