逍遥自在【しょうようじざい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
逍遥自在

【読み方】
しょうようじざい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
俗事をはなれて気ままに楽しむこと。

【語源・由来】
「逍遥」はぶらつくという意味から、気ままに楽しむこと。「自在」は束縛や支障がなく思いのままであるという意味。

【類義語】
・採薪汲水(さいしんきゅうすい)
・悠悠自適(ゆうゆうじてき)


逍遥自在(しょうようじざい)の使い方

ともこ
健太くんのおじいちゃんは、今何をしているの?
健太
退職して、逍遥自在な暮らしをしているよ。
ともこ
いいわね。楽しそうね。
健太
楽しくて幸せすぎて、最近若返ったように元気なんだよね。元気過ぎて迷惑なくらいだよ。

逍遥自在(しょうようじざい)の例文

  1. 逍遥自在な暮らしを夢見ながら、今は企業戦士として、毎日戦っています。
  2. 富裕層の仲間入りをして、老後はシンガポールで逍遥自在な生活を送りたいんです。
  3. 退職後は、お金の心配をせず逍遥自在な暮らしを送ることができたらそれでいい。
  4. おばあちゃんは、逍遥自在、気のむくままに旅をして楽しく過ごしています。
  5. 一か月、いや一週間でもいい、いろんな雑事から解放されて、逍遥自在な時間を過ごしたいものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事