万里鵬程【ばんりほうてい】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
万里鵬程

【読み方】
ばんりほうてい

【意味】
遠大な道程のたとえ。海が限りなく広がることの形容。

【語源・由来】
おおとりがつむじ風に羽ばたき九万里も飛び上がること。また前途が洋々たることの形容に使われることもある。「鵬」は想像上のおおとり。「程」は道程・みちのりという意味。

【典拠・出典】
荘子』「逍遥遊」

【類義語】
前程万里(ぜんていばんり)
・鵬霄万里(ほうしょうばんり)
鵬程万里(ほうていばんり)


万里鵬程(ばんりほうてい)の使い方

健太
なかなか空手の大会で優勝することができないんだ。僕には才能がないのかな?
ともこ
望みをかなえるということは、たいてい万里鵬程なんだから、一歩ずつがんばるしかないんじゃないかな。
健太
そのがんばりの先に栄光はあるのかな?
ともこ
あるわよ!

万里鵬程(ばんりほうてい)の例文

  1. 万里鵬程というように、結果を出すには時間がかかります。
  2. 若い君たちの未来は万里鵬程、より良い選択をしてより良い未来をつかんでほしい。
  3. 何事も万里鵬程、真価を発揮するのは時間がかかります。
  4. 夢をこの手につかむまで万里鵬程だけれども、僕はあきらめない。
  5. 万里鵬程で、夢の途中で苦労することもあるかもしれないけれども前途洋洋であることを祈っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索