対牀夜雨【たいしょうやう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
対牀夜雨

【読み方】
たいしょうやう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
兄弟や友人の間柄がたいへん親密なたとえ。

【語源・由来】
蘇軾の詩より。夜、雨の音を聞きながら寝台を並べて、兄と弟が仲よく寝ることから。「牀」はねどこ・寝台のこと。「対牀」は寝台をならべる、連ねること。

【類義語】
・対牀風雪(たいしょうふうせつ)


対牀夜雨(たいしょうやう)の使い方

健太
ともこちゃんと僕が対牀夜雨、とても仲がいいと有名なんだって。
ともこ
幼稚園のころから一緒だもんね。
健太
一部の人たちが付き合っているんじゃないかって言っているらしいんだ。
ともこ
それはないない。絶対ない。

対牀夜雨(たいしょうやう)の例文

  1. 健太くんとお兄さんは対牀夜雨な兄弟で、いつもお互いを思いやっています。
  2. ともこちゃんと健太くんは対牀夜雨だから、離れてもまた会う時まで友達でいられるでしょう。
  3. あんなに対牀夜雨だった兄弟が、ともこちゃんをめぐって喧嘩を繰り広げるなんて悲劇だよね。
  4. ともこちゃんとあの子は対牀夜雨で、学校ではいつも一緒にいますよ。
  5. 対牀夜雨な友達とクラスが離れ離れになってしまい悲しく思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事