敵本主義【てきほんしゅぎ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
敵本主義

【読み方】
てきほんしゅぎ

【意味】
本当の目的を隠し、別の目的があるようにみせて、本当の目的を果たそうとするやり方。

【語源・由来】
「敵本」は「敵は本能寺にあり」の意味。天正10年(1582)明智光秀 (あけちみつひで) が備中の毛利勢を攻めると見せかけて出陣し、京都本能寺の織田信長を襲ったところから。


敵本主義(てきほんしゅぎ)の使い方

ともこ
健太くん。勉強をするために図書館に行くんですって?お母さんに聞いたわよ。私も一緒に行っていい?
健太
いや、えーっと。ちょっと寄るところがあるから、一緒には行けないよ。
ともこ
健太くん・・・。敵本主義ね。図書館に行くふりをして遊びに行くんでしょう?
健太
ばれたかあ・・・。

敵本主義(てきほんしゅぎ)の例文

  1. 敵本主義をよくやる彼は、営業に行くふりをして、いつもファミリーレストランでドリンクバーを飲んでいます。
  2. 彼は敵本主義でこの喫茶店に来ているだけで、コーヒーが飲みたいわけではなく、看板娘に会いに来ている。
  3. 敵本主義がばれないようにうまくやらなくてはいけない。
  4. 健太くんが、友人の家で勉強だなんて、どうせ敵本主義でゲームをやっているんでしょう。
  5. 敵本主義と言ってもいい、取材にかこつけた旅行です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事