天人冥合【てんじんめいごう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
天人冥合

【読み方】
てんじんめいごう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
天意と人意が暗にあう。人の言行が正しければ、おのずと天意にあうことをいう。

【語源・由来】
「冥」は暗に。おのずと。という意味。

【類義語】
・天上相関(てんじょうそうかん)
・天人感応(てんじんかんのう)
・天人相応(てんじんそうおう)
・天人相与(てんじんそうよ)


天人冥合(てんじんめいごう)の使い方

健太
ともこちゃんの行動はいつも正しいよね。
ともこ
天人冥合、正しい行いを心がければ、それは神様の意思とつながると思っているからね。
健太
へえ。僕には、その正しい行動が難しいんだよ。
ともこ
心の赴くままではなく道徳に背かないように行動すれば、誰にでもできるわよ。

天人冥合(てんじんめいごう)の例文

  1. 天人冥合、普段からよい行いをしているともこちゃんは、神様の意思に沿い、覚えがめでたいようで運がいいです。
  2. いたずら好きの健太くんが、天人冥合する日は遠いですね。
  3. 行いが正しいともこちゃんの意見は天人冥合しているので、信用できます。
  4. 天人冥合している健太くんの意見ならば反対する理由はありません。
  5. よい行いの模範のようなともこちゃんの発言は、天人冥合、神様の発言と同じようなものです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事