天下万民【てんかばんみん】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
天下万民

【読み方】
てんかばんみん

【意味】
あらゆる人民のこと。

【語源・由来】
「天下(てんか)」とは、全国のこと。
「万民(ばんみん)」とは、あらゆる人民のこと。

【類義語】
・蒼生万民(そうせいばんみん)
・天下蒼生(てんかそうせい)

【英語訳】
the whole nation; all the people in the land.

【スポンサーリンク】

天下万民(てんかばんみん)の使い方

健太
政治家というものは、天下万民のことをよく考えて仕事をしなくてはいけないと思うんだ。
ともこ
あら、健太くん。むずかしい話をしているのね。
健太
そうだよ。将来のことを考えても、政治のことは生活に深く関わっているからね。
ともこ
そうね。私もこれから勉強してみるわ。

天下万民(てんかばんみん)の例文

  1. 彼が政治家を目指したきっかけは、天下万民が安心して暮らせる世の中を目指したいと思ったことだ。
  2. 天下万民の気持ちを無視して、こんなことを続ける国のことは信用できない。
  3. 天下万民のためと言っているけれど、本当にそれが正しいことだと信じているのかい?
  4. 天下万民に尽くすために、この仕事を始めました。すぐに結果を求めることは、むずかしいかもしれませんが、きっと理解してもらえる日が来ることを願っています。
  5. 天下万民が納得する方法なんて、あるはずないだろう。それよりも、まず身近な人から説得してみようと思っている。

まとめ

天下万民というように、あらゆる人民が世の中で生活を送っています。
天下万民が幸せに暮らすためには、安全なことはもちろんですが、国が安定して治められていることも大切ではないでしょうか。
世の中が安定することで、さらなる発展を目指すことができるのではないでしょうか。
天下万民が安心して暮らせる世の中になるように、一人一人が努力や協力をすることも必要なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事