春風駘蕩【しゅんぷうたいとう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
春風駘蕩

【読み方】
しゅんぷうたいとう

【意味】
春の景色ののどかな様子のこと。春の風がそよそよと気持ちよく吹く様子のこと。
また、温和でのんびりとした人柄のこと。

【語源・由来】
「駘蕩(たいとう)」とは、のどかで、のびのびしているということ。

【類義語】
・春日遅遅(しゅんじつちち)

【対義語】
・秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)

【英語訳】
warm and genial spring weather/genial and balmy.


春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)の使い方

ともこ
あら、健太くん。これから一緒にお茶でもしないかしら。
健太
ともこちゃんは、いつもにこにこしていて、とても穏やかだよね。
ともこ
ゆったり過ごすのが好きだわ。
健太
春風駘蕩な人だから、一緒にいると心が落ち着くよ。

春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)の例文

  1. お弁当を持って公園へ遊びに来てよかったね。春風駘蕩な風景を見ていると、日頃の疲れが消えていくようだよ。
  2. 君の奥さんは、春風駘蕩な人柄だとみんなが話していたよ。きっとケンカなんてすることは滅多にないのだろうね。
  3. 彼の良い所は、春風駘蕩という人柄だと思います。彼と話していると、とても安心できるのでこれからも一緒にいたいと思っています。
  4. 花畑の中で、春風駘蕩に吹かれて、穏やかに流れる時間を過ごすことができて、幸せなひとときだった。
  5. 結婚相手を選ぶならば、容姿よりもまずは人柄が重要だ。春風駘蕩な人もいいじゃないか。

まとめ

春風駘蕩というように、春の景色がのどかなことは、とても素晴らしい風景なのではないでしょうか。
また、春が穏やかでゆったりと過ごせることから、温和でのんびりとした人柄のことも現しています。
いろいろなことにチャレンジするような、バイタリティーがある人も魅力的ですが、春風駘蕩という人柄もまた魅力的なのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事