軽薄短小【けいはくたんしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語・英語訳)

【四字熟語】
軽薄短小

【読み方】
けいはくたんしょう

日本漢字能力検定
4級

【意味】
軽くて薄く、短く小さいこと。
また、内容が薄っぺらくて中身がないことのたとえ。

【語源・由来】
1980年代頃、電化製品などが小型軽量化したことを表した言葉。
また、社会の風潮を揶揄することにも使われてる。

【対義語】
・重厚長大(じゅうこうちょうだい)

【英語訳】
small and light.
light, thin, short, and small (products); light and compact (products).

【スポンサーリンク】

軽薄短小(けいはくたんしょう)の使い方

健太
昔は、携帯電話があんなに重くて大きかったなんて、ともこちゃんは知っていたかい。
ともこ
初めて知ったわ。もっと昔は、携帯電話なんてなかったんでしょう。
健太
今は考えられないことだよね。
ともこ
そうね。軽薄短小が進んで、本当に良かったと思うわ。

軽薄短小(けいはくたんしょう)の例文

  1. 日本の産業は、軽薄短小化が進んだことで、大きく発展したのではないだろうか。
  2. 叔父は、軽薄短小な時代だと嘲笑していたけれど、今の世の中も捨てたものではないと思う。
  3. 特に電化製品は、軽薄短小したことで、とても便利になった。
  4. 重厚長大から、軽薄短小へと移り変わっている、激動の時代のようだ。
  5. 君たちは軽薄短小だと言われたけれど、そんなことを言っている彼の方が中身などないじゃないか。

まとめ

電化製品はもちろんですが、軽薄短小ということが一番わかりやすいものは、電話機ではないでしょうか。
持ち出すことができないと思っていた電話機が、今では当たり前のように携帯することができます。
ひとり一台持っていることが、珍しいことではない時代ですね。
これからも、軽薄短小が進むのではないでしょうか。
しかし、内容が薄っぺらくて中身がないということにはならないように、心がけたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事