天下泰平【てんかたいへい】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・語源由来)

【四字熟語】
天下泰平

【読み方】
てんかたいへい

【意味】
世の中がよく治まり、穏やかな様子。
また、何の心配もなくてのんびりしている様子。

【語源・由来】
「天下(てんか)」とは、全国のこと。
「泰平(たいへい)」とは、世の中が平和であるということ。

「礼記(らいき」仲尼燕居(ちゅうじえんきょ)より出典。

【類義語】
・天下平泰(てんかへいたい)
・尭年舜日(ぎょうねんしゅんじつ)
・尭風舜雨(ぎょうふうしゅんう)
・四宇和平(しうわへい)
・泰平無事(たいへいぶじ)
・地平天成(ちへいてんせい)
・安穏無事(あんのんぶじ)
・千里同風(せんりどうふう)
・天下治平(てんかちへい)
・万民太平(ばんみんたいへい)
・無事太平(ぶじたいへい)

【対義語】
・天下多事(てんかたじ)

【スポンサーリンク】

天下泰平(てんかたいへい)の使い方

健太
毎日を安心してのんびり暮らせることは、とても幸せなことだね。
ともこ
そうね。争いのない平和な暮らしは、ありがたいものね。
健太
激動の時代を経て、今は天下泰平だね。
ともこ
穏やかな日々が、ずっと続くといいわね。

天下泰平(てんかたいへい)の例文

  1. 天下泰平の世の中を築くためには、たくさんの苦労と努力があったのだろう。
  2. この国が天下泰平となってからは、彼は落ち着いて生活をすることができると喜んでいた。
  3. 天下泰平な世の中がおとずれることなど、あの時代には誰も信じることができなかった。
  4. 天下泰平を目標にして、協力してきてよかったと思う。
  5. 戦国時代が終わりを告げたことで、天下泰平の世の中がおとずれた。

まとめ

天下泰平というように、世の中がよく治まっていて穏やかにのんびりしていることは、とても幸せなことではないでしょうか。
天下泰平を作るためには、たくさんの人の努力と協力が必要なことは、忘れてはいけませんね。
平和な毎日に感謝しながら、穏やかに過ごしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事