嫗伏孕鬻【うふうよういく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
嫗伏孕鬻

【読み方】
うふうよういく

「おうふうよういく」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
鳥や獣が子を産んで育てること。「嫗伏」は鳥が翼で卵を覆って温めること。「孕鬻」は獣が子を産んで育てること。

【語源・由来】
「礼記」楽記より。


嫗伏孕鬻(うふうよういく)の使い方

健太
あの木の上でカラスが嫗伏孕鬻しているから、今は近づかないほうが良いよ。
ともこ
ああ。嫗伏孕鬻しているカラスってすごく気が立っていてこわいわよね。
健太
そうなんだ。僕は昨日、油断していて、木の下を通ってしまい、頭を蹴られたんだ。
ともこ
下を通りたいだけなのに、子供の敵だと思うなんて、カラスって親馬鹿よね。

嫗伏孕鬻(うふうよういく)の例文

  1. 家で飼っている豚が、嫗伏孕鬻しているんですが、とてもかわいいです。
  2. 嫗伏孕鬻しているパンダは、子供を産む前と違って親の顔になっていました。
  3. 育児書も何もなく、教えられてもいないのに、動物は嫗伏孕鬻できるのだからすごいです。
  4. 嫗伏孕鬻したニワトリの肉は、ぱさぱさしているそうです。
  5. 嫗伏孕鬻している小鳥が我が家の軒下にいたので、巣立ちする日が楽しみです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事