天網恢恢【てんもうかいかい】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
天網恢恢

【読み方】
てんもうかいかい

【意味】
天が張り巡らしている網は広く、目が粗いようだが、悪人や悪事は決して取り逃さないということ。

【語源・由来】
天道は厳正であり、悪は早晩罰を受けるということで、悪事を戒める言葉。

「天網(てんもう)」とは、天が張り巡らせている網のこと。
「恢恢(かいかい)」とは、広く大きいこと。

「天網恢恢疎(そ)にして失わず」「天網恢恢疎にして漏らさず」の略。

「老子(ろうし)」七三より出典。

【類義語】
・天罰覿面(てんばつてきめん)
・天羅地網(てんらちもう)
・網目不疎(もうもくふそ)
・勧奨懲戒(かんしょうちょうかい)
・勧善懲悪(かんぜんちょうあく)
・懲悪勧善(ちょうあくかんぜん)
・破邪顕正(はじゃけんしょう)
・撥乱反正(はつらんはんせい)

【英語訳】
Heaven’s vengeance is slow but sure.
Heaven’s net is wide and coarse, yet nothing slips through.

【スポンサーリンク】

天網恢恢(てんもうかいかい)の使い方

ともこ
健太くん、先生に褒められるなんてすごいわね。
健太
掃除をしないで帰ろうとしている人がいたから、注意しただけだよ。
ともこ
注意するにも勇気が必要なことだと思うわ。
健太
ぼくが注意しなくても、天網恢恢なのだから悪いことはしちゃいけないよね。

天網恢恢(てんもうかいかい)の例文

  1. 誰も見ていないといっても、天網恢恢ということを忘れてはいけない。
  2. 今は見つからないかもしれないけれど、天網恢恢なのだからいつかは必ず罰を受けるだろう。
  3. 絶対にばれない自信があったけれど、天網恢恢というように悪事を働くと罰を受けるものなのだな。
  4. 天網恢恢ということを心に留めておくことが大切だと、祖母に教えられた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事